リンク サイトマップ MAIL
ホームへ いわまの甜水について 暮らしの中の水知識 お買い物 会社概要
いわまの甜水の紹介
いわまの甜水の特徴
岩間山の紹介

いわまの甜水について
【201..4.12 放射線の測定結果】 「検査結果」クリック
古くから山紫水明の都といわれている滋賀県大津市は、比叡の山並をはるかに拝む、音羽山系岩間山の麓と水畝(みずうね)の地。この地を故郷とする『いわまの甜水』は、京都府と滋賀県の境にいちする岩間山の山麓、地下600mから湧き出している地下水です。

ゲルマニウムやラジウムなど72種類もの元素を含む花崗岩層をくぐり無菌で湧出。
「甜水」は、日本人の目には馴染みの薄い熟語ですが、意味は文字の形そのままで、舌に甘い水を意味します。

古来、中国では良い水、おいしい水を甜水と記し、大切にしてきたそうです。その表記を拝借して命名しました。

味はクセがなくまろやかで、甜水の名のとおり、ほのかな甘みがあります。
岩間山
【いわまの甜水の成分】
Na ナトリウム 7.9 mg/L
Ca カルシウム 4.9 mg/L
K カリウム 0.9 mg/L
Mg マグネシウム 1.2 mg/L
硬度   約17 mg/L(軟水)
【主な温泉とその効能】
温泉地 ・料理旅館 二葉屋・南郷温泉 つぼた屋・石山温泉 松乃荘・石山温泉 月乃屋山荘・石山温泉 ぼだい樹
泉質 単純弱放射能冷鉱泉
pH 7.2〜7.4
泉温 14.7度
主な成分 ラドン、メタケイ酸
遊離二酸化炭素、炭酸水素イオン
効能 痛風、慢性消化器病、神経痛
胆石、筋肉・関節痛など
【おいしい水の水質条件】
  水質項目 おいしい水の要件 いわまの甜水
おいしくする要因 蒸発残留物 30〜200mg/L 77mg/L
硬度 10〜100mg/L 18mg/L
遊離炭酸 3〜30mg/L
まずくする要因 過マンガン酸カリウム消費量 3mg/L以下 0.2mg/L未満
臭気度 3以下 異常認めず
残留塩素 0.4mg/L以下 なし
おいしく飲むための要因 水温 最高20℃以下 原水温度10℃前後
※調査  厚生省「おいしい水研究会」 社団法人 滋賀県薬剤師協会 試験センター
【いわまの甜水の硬度】
商品別硬度表
いわまの甜水は硬度13なので、軟水です。
味の特長にとしては、硬水は生臭さを感じるものが多いようです。
軟水はクセがなく、日本人には硬度の低いお水が飲みやすいようです。
一般的に日本の水は軟水、ヨーロッパなどは硬水です。
水についてもっと詳しく知ろう
いわまの甜水とは? 暮らしの中の水知識 お買い物 会社概要
Copyright (C) 2006 Oumi Mineral Water Service Co.,ltd. All Rights Reserved.